株式会社有田製作所 公式ホームページ 
会 社 沿 革
昭和19年
東京都昭島市郷地町にて創業。航空機部品の製造に着手。
昭和20年
終戦により工場閉鎖。
昭和21年
工場再開。昭和26年まで家庭用金物の製造販売を行う。
昭和27年
米軍および民間需要車両部品生産開始。
昭和31年
企業組織を株式会社に改め、本社を昭島市宮沢町に移転。
昭和32年
プリンス自動車工業株式会社の協力工場となる。
昭和40年



株式会社東芝、昭和飛行機工業株式会社、古川鉱業株式会社と受注先を拡大。
新たに理化学機械部門開設。
昭和44年



事業拡張のため、羽村町(現羽村市)に敷地7683uを購入し、プレス工場
990uを新設。
昭和48年
本社を羽村工場に移転。株式会社東芝より重点協力工場に指定される。
昭和48年
原子燃料工業株式会社より原子力発電用部品を受注。
昭和52年
理化学機械部門を分離し、株式会社アルプとして独立。
昭和56年
日野車体工業株式会社よりセットバック部品を受注。
昭和59年
レーザー加工機(西ドイツ・トルンプ社製)を導入。
平成元年
福生工場および立体駐車場建設。
平成2年
本社工場増築。
平成4年
東芝エレベータプロダクツ株式会社と取引開始。
平成10年
日の出工場新設。
平成15年
日の出工場増設。
平成15年
「ISO14001」認証取得。
平成16年
東芝三菱電機産業システム株式会社より制御盤、導体加工を受注。
平成17年
三機工業株式会社よりコンベアー部品を受注。
平成19年
三共ラヂエーター株式会社よりウォータージェット加工を受注。
平成22年
太陽光発電設備(50KW)設置。
平成23年
輪郭形状測定機(ミツトヨ)CV-3100S8導入。
平成24年
サーボプレス(アイダエンジニアリング)DSF-C1-2000導入
ウォータージェット加工機(フロージャパン)M4 2513b DWJ XD導入。
ボーリングマシン(サワイリエンジニアリング)SW-3500-SA-10ATC導入。
本社 東工場建設。
平成25年
パンチ・レーザー複合加工機自動化システム(トルンプ)TruMatic7000
レーザー出力3.2KW導入。
レーザー加工機(トルンプ)TruLaser5040fiber レーザー出力5KW(TruDisk)導入。
Vカットマシン(青柳製作所)KS-LINE SP478C導入。

平成26年
タレットパンチプレス(アマダ)EM-3510ZR T導入。
NC旋盤(マザック製)QTSMART350M導入
ボーリングマシン(サワイリエンジニアリング)SW-3000-24ATC導入。
プレスブレーキ(関西鐵工所)BP-1502500導入
平成27年
CNC三次元測定機(ミツトヨ)CRYSTA-Apex S9166(スキャニングプローブ付)導入。
プレスブレーキ(アマダ)HG-5020導入。
平成28年
パンチ・レーザー複合機 (アマダ)ACIES2512T (4KW) + RMP2512NTK導入。
プレスブレーキ(アマダ)HG-8025導入。




 トップに戻ります 
  ■ 業 務 内 容   ■ 設   備   ■ 社 長 挨 拶   ■ 案 内 図
  ■ 企 業 理 念   ■ 会 社 概 要   ■ 会 社 沿 革